スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
連鎖する鍋事情
2006 / 10 / 29 ( Sun )
風がひんやりしてきました。
そろそろ、お鍋のシーズンですね。
心も体も温まるお鍋を、
ご家族で囲んでみてはいかがでしょうか。

ふはは。
安っぽいコピーのようなことを言ってしまいました。
先週からこっち、我が家には鍋シーズンが到来しております。

始まりは鴨鍋
岩手県産合鴨の安売りに出くわして、
思わず買ってしまったのだなぁ。
とりあえず
そしてきのこ、白菜、ごぼうにお豆腐。
鴨の濃厚なだしで煮るととっても美味しい。

でもね。いろいろ入れたいんだけれどね。
二人家族の我が家では、結局余っちゃうんですね。
特に、白菜がネック。
そこで、再びをしようというコトになります。

今度はタラを買ってきて寄せ鍋
でも、「寄せ鍋」というくらいだから
いろいろ寄せなくてはいけないんじゃないかと、
ヨセばいいのにまたお野菜を買ってしまう。
(韻を踏んでみました。ラップ調、ではないな)
やっぱりお豆腐は欠かせないしなぁ、などと
いろいろ買って、また余る。

んで。最終的に灼熱のチゲに行くわけですね。
連鎖する鍋の日々に終止符を打つべく、
チゲの夜はバイトのみのりんをお招き。
三人でモリモリ、頑張って食べて、
おだしのたっぷり出たおつゆで次の日はキムチ雑炊

やっと終わったお鍋デイズであります。

でも、やっぱりお鍋って準備は簡単だし、
お料理の手間もかからないし、後かたづけも簡単だし、
便利なんだものなぁ。
今度は豆乳鍋もしたいしなぁ。

我が家にはこの冬、何度のお鍋デイズが訪れるのでしょうか・・・。

さぁ、今日はこれから取材だ!
そして今夜はハロウィン仮装パーティーだ!
いっそがしいぞぅ。
今夜の模様はまた明日にでもアップしまぁす。





スポンサーサイト
10 : 32 : 43 | ミルクだけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リュブリュー
2006 / 10 / 24 ( Tue )
お客さまが奥様を連れて遊びに来てくれました。
奥様はロシアのご出身。
背が高くてスタイル抜群、ブロンド(キャー♪)のナディアさん。
鼻も高い!目もおっきい!足も細くて長ぁ?い!!
きれいなお姉さん大好きな私は思わずはしゃいでしまう。

ナディアさんはご主人の歌が大好きで、
あれこれリクエストしている。
「今度はナディアの番だよ」と言われ、
それでは、と彼女が選んだのは「カチューシャ」
・・・だったんだけど、画面に表れたのは
「カチューシャの歌」
(作詞/島村抱月・相馬御風 作曲/中山晋平)。

♪カチューシャかわいや 別れのつらさ?

「コレジャナイ!」 ナディアのツッコミ入りましたぁ。
ごめんね、ナディア
うちのカラオケにはこれしかないのよ。
ちなみにこっちの歌は大正3年(!)、
松井須磨子が劇中歌として歌って大ヒットした曲らしい。
ナディアさんが(もちろん原語で)歌いたかったのは
私達が小学校とかで習った歌の方なんだけど、
この二つの「カチューシャ」はちょっと内容が違うんですね。
その違いについては
Only moonshine」の方に詳しく書いときます。

歌いたい方の「カチューシャ」がなかったので、
ナディアさんがご主人と歌うことにしたのは
なぜか「空に太陽がある限り」。出た、スターにしきの

♪愛してる?愛してる?) とても?とても?

「カチューシャ」とはえらい違いですが、
まぁ新婚夫婦の歌にはふさわしい。
あ、そうだ、と思ってナディアさんに

「愛してる、ってロシア語でなんて言うの?」

と聞いてみました。

「ヤー(私) チベー(あなた) リュブリュー(愛)」

おお。リュブリュー=Loveなのか。
この発音をカタカナで表記することにまず無理があるんだけど、
リュ」は「」と「リュ」の間くらいの音。
ちょっとフランス語っぽい発音のような。
私も一応、第二外国語は仏語選択だったりするんですが・・・
全然話せませんよ、もちろん!(力込めてドウスル;)
ナディアさんに聞いてみると

「ロシアでも電話に出る時、『アロー』って言う。
 フランスと同じね」


と、教えてくれました。
日本は島国だけど、やっぱり中国大陸や朝鮮半島から
伝わってきたコトバというものはあって、
それが大陸の中の国どうしであれば、
コトバの境界線っていうのはもっと曖昧というか、
混沌としてるんじゃないかっていうのはいつも思うコト。
日本の「方言」だって、県境の辺りでは混ざってるし。
こういうことに興味を覚えつつも、
しっかり勉強してみよう、と手を出さないナマケモノの私なので、
「そうじゃないかなぁ」と思ってるだけなんですが。
・・・相当、奥が深そうですもんね、言語学って。
「フムフム。ロシア語とフランス語は
 ○○民族語に属するわけであるからして・・・」

くらいなこと言えたらカッコイイわぁ、と思うんだけど、
私フゼイはせいぜい、

「そっかぁ。じゃあ二人はラブラブっていうのは
 リュブリュー・リュブリューになるんだねぇ」

とお茶を濁すのが関の山。
そこから、「愛してる」をいくつのコトバで言える?
みたいな話になって。

「I love youでしょ。仏語はジュ・テームでしょ」
「中国語はウォー・アイ・ニー」
「独語はイッヒ・リーベ・ディッヒ!」
「韓国語は?」
「なんだろ・・・あっ、『サランヘ』っていう歌があるよね」
「あ、そうだそうだ。サランヘが愛してます、だ
「それじゃ、イタリア語は?」
「えーと、あれ?なんだっけなぁ・・・」

ラブソングは世界中にあるはずなので、
なんかの歌を思い出せば出てくるはず。
でも・・・イタリア語の歌って、なんか知ってたっけ?
「オー・ソレミオ」くらいしか知らないかも。

そこで、ハタ!と膝を打つ私。

「ティ・アーモ!ほらほら、あったでしょ。ヒデとロザンナのさぁ、
 ♪いつの日か あなたに 愛される愛の奇跡?
 っていう歌で、最後にロザンナが
 『ティ・アーモ ティ・アーモ?!』って言うじゃない!」

ちょっとアニーさん。そういうこと言うと年がバレますから。
でも、

「おお!あった、あった!
 『アモーレ!アモレ・ミオ!ティ・アーモ、ティ・アーモ、ティ・アーモ?!』

と盛り上がったナディアさんのダーリンと、そのお友達も
同世代なのでありました。
インドネシアじゃ何て言うのかしら。
今度、お友達のとこにホームステイしてるアユちゃんに聞いてみよう。
アユちゃんのラマダーンは終わったのかな。
ラマダーンの絶飲食中に修学旅行(!)に行った、という
インドネシアからの留学生・アユちゃんの日常がわかるのは
こちら。→「オムれっと
樹ママのDiaryを読んでね。
13 : 00 : 40 | お砂糖ひとつとミルク | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
イベント目白押し
2006 / 10 / 19 ( Thu )
あぁ。
また前回のブログ更新から約1週間。
アカンじゃないか、こんなことではっ!と
自分を叱りつつ。

怒濤デイズに引き続き、
旦那さまのアトピーがまた思わしくなかったりする
この頃なんですけれどもね。
日々、お仕事+家事+看病+雑事に追われているうちに
ふと気づけば!!!!
イカン。10月も半ばを過ぎてるじゃあーりませんか。

これからの時期、Pick Houseは忙しいのです。
忙しい、っていうのは
えーと、お客さんがこの時期どっと増える、という
わけではなくて、
いや、そうであってくれたら
嬉しいことこの上ないんだけどね、
まあ単純に毎年この時期からイベントが増える、
ってだけなんですが。

11月に入ればボジョレーの解禁。
ボジョレー・ヌーヴォーっていうのは、
実はなかなか注文が大変なものなんです。
うちでは毎年、解禁日の後の日曜日に
会費制のボジョレーパーティーを開いて、
7種類くらいのヌーヴォーを楽しんで頂いてますが、
これも回を重ねて今年で四度目。
これまでに飲んだ美味しい物の中からセレクトして、
今まで飲んだことのない物も2種類くらいプラスして。
人気の高いものは予約の段階でどんどん売り切れてしまうし、
おまけにボジョレーって高いので、
会費をなるべく抑えるためには
早い段階でなるべく安く買えるお店を探さなければなりません。
うちの場合、ワインはネット注文なので、
あちこちのお店に注文を分けると送料が余分にかかるのも
考慮に入れなきゃいけないし。

うわぁ、大変だ。
ジタバタしながらいつもワインを購入している
数軒の酒屋さんサイトを検索して、
うんうん頭を悩ませる私。
パカレルイ・ジャドモメサンはどーしても押さえたい。
相変わらず高いわね、君たちぃ。
結果的に7種類のヌーヴォーは3軒の酒屋さんで予約完了。
8.000円の会費で、ボジョレー7種お料理付き、というのは
はっきり申しますとほとんど儲けになりませんが、
まっ、仕方ない!私も楽しみにしてる会だしねっ!

予約をすませ、ホッとひと息。
・・・ついてる場合じゃなかった!

ボジョレー解禁よりも前、10月29日(SUN)に
「ハロウィン仮装パーティー」
が、あるのでした。
仮装してきてね、とお客様に触れ回ってるのに、
自分たちの仮装についてはまだ何も考えてなかった?。

もう「作る」とか言ってられないしなぁ。
再びネット検索を始める私。
お客様にリサーチしたところ、
「私、ナース服で行きます!」とか
「メイド服着ようかなぁ」とか考えてる方々が・・・。
それは仮装、というよりコスプレなんじゃないのぉ?
って気もしないではないけど、
だいたいハロウィンってお祭りが
日本には定着しにくい種類のもんだから、
コスプレ祭りになっちゃってもいいのかな?、と適当な私。

オークションとかで検索したら、
結構笑えるものがあったんですが、
中でも「これイイ!」、と旦那さまと盛り上がったのが
ライス国務長官のリアルなマスク。
旦那さまブッシュのマスクにして・・・とか考えましたが、
いかんせん、マスク付けっぱなしじゃ仕事にならない。
なんだろな?、何がいいんだろうな?。

お、「魔女の宅急便」衣裳、というのがある。
いーかも。可愛いかも。
ウキウキ見てみたら、むちゃ高い!あかんあかん。
こんなところで散財したらあかん。
アメリカ製のすごく凝ってる衣裳は、割とお買い得だけど、
なんかものすごーくミニとか、非常にセクスィーだったりとかします。
あかんあかん。こんなもん着れまっかいな。

そんなわけで。

もう来週に迫ったパーティーのための衣裳に
いまだ頭を悩ませている私であります。
間に合うのか、ハタシテ

皆さんもぜひぜひハロウィンの仮装パーティーへ、
そして、毎年好評のボジョレー・パーティー
ご参加くださいね?。と、宣伝しておこう!
17 : 24 : 48 | ミルクだけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なにから書こう
2006 / 10 / 13 ( Fri )
甘くみちゃイカンですね、怒濤デイズは。
日曜日以降も時間に追われまくったまま、
もう金曜日ですよ。

ん?、なにから書こう。
怒濤なりに色々あったので整理しなくちゃなぁ。

【Annie報告その?】風邪、ほぼ治る。が、しかし・・・。

足かけ3週間苦しんだ風邪は、ほぼ完治。
でも、咳が止まってきたなぁ、と思い始めた頃から
なぜか耳の穴が猛然と痛くなったのです。
左耳の穴が、こう、なんていうか
ぐわっと広げられていくみたいな感じ。
その痛みと連動して、の左の方が痛くなるんです。
左肩も異常にパンパン
なんじゃ、こりゃ。
ナンジャコリャ、ナンジャコリャ、ナンジャこの歯ごたえ♪っていうナタデココのCMがむかぁしあったんですが、
「あぁん、痛い」と思うたびになぜかこのCMソングを
歌ってました。
いや、意味はないんだけど、それくらい
「なんじゃこりゃああ!」な痛みだったんですよ。
痛くて目が覚めるくらい。
普通は「なんじゃこりゃああ」と言いつつ倒れますが、
私の場合は飛び起きてました。

ふだん健康な人の悪い癖で
お医者さんに行くのを面倒くさがる私なのですが、
面白いもので一回行きだせばそう苦ではない。
風邪を診てもらったばかりだから、
例のご近所の耳鼻科さんへ行こうと思ったんだけど、
こういう時に限って土、日、月と三連休
鎮痛剤で抑えながら、

?中耳炎かもしれない。
?怒濤デイズによる肩こりが原因かもしれない。
?全ては頭痛から始まるもので、
 もしかしてもしかしてこれは更年期(げげげ)かもしれない。

と、まあ色々考えたわけなんですけれども、
連休明けに予想通り無茶混みの耳鼻科さんで
三時間待ちのあげく診てもらった結果、

?中耳炎ではない。
?肩こりから、来てるのかもしれない。
?風邪の症状が残っていて、神経を刺激してるのかもしれない。

という・・・まぁハッキリしない状態のまま、
炎症と感染を予防するお薬などを頂き、
どーしてもゲホゲホしてしまう吸入をして、
「♪ナンジャコリャ、ナンジャコリャ」と歌いながら帰ってきました。
この三時間待ちの間にも、某デザイン事務所から
仕事せえ、と電話が入ってましたが。
ああ、きっと原因はこのストレスかもっ。

その耳痛、頭痛も、やや、治まってきている今日です。


【Annie報告その?】漫才営業、無事終わる。

土日の二日間続けて漫才営業してきました。
これは「Only Moonshine」の方に、また詳しく書いときます。


【Annie報告その?】ぎょぎょぎょぎょ!

飼い主が病んでると、ペットにまでうつるんでしょうか。
うちの金魚たちが病気になってしまいました。
一番症状が顕著だったのがスカーレット
背びれや尾ひれには、血が滲んだような筋が入り、
背びれ自体も溶けちゃったんじゃないかというくらいヨレヨレ。
うろこも取れていて、そこに白い膜みたいなものが張ってました。
パールのヒレにも血の滲んだような筋。
トマトは体に赤いシミが。
でめたんだけは黒いので症状を確認できなかったんですが、
三匹が病気になって、でめたんだけが無事ってことは
きっとないだろう・・・。

その異常を見つけたときには、
きゅうっと胃が痛くなりました。

これはヤバイぞ。

私は自他共に認める動物好き、ナドでは決してなく、
もちろん大の金魚好きなんかであろうはずもなく、
バイトのみのりんが連れてきた夜店金魚が
あっという間に死んじゃった代わりとして、
旦那さまが4尾まとめて320円で安売りされていた
この子達を買ってきた、という「たまたま」の縁。

しかし、やはり二年も買ってると情が湧くのでしょうか。
ちと残酷な分析をすれば、
この子達が普通サイズの、手のひらに入っちゃうような
金魚であれば、ここまで「う?ん・・・」と思わなかった
かもしれない。
でも、なんせデカいんですから。うちの子たち。
つまりメダカくらいのサイズだと、
あんまり魚の人格(?)みたいなものを感じにくいけれど、
こうまで大きく育ってしまうと
一匹一匹のパーソナリティを感じてしまうんですね。

ヤバイぞ。死なれちゃ困る。

でも、どうして急に病気になったのでしょう。
今まで元気食い意地も有り余るほどだったのに。
はっ・・・食い意地
その時、私の脳裏にまざまざと浮かび上がったのは
水槽に同居後、ものの二時間で全滅し、
おまけにこの子たちに頭を食われていた
川ハゼくんたちの無惨な姿でした。

も、もしやこれは、ハゼのたたり

「あんた達馬鹿よ、食べちゃったりするから?」

半泣きで旦那さまに電話し、
金魚の病気をネット検索してもらうと・・・
いっぱいありすぎてどの病気かわかりませんでした。
あれもこれも、当てはまるような気がするんです。
それでも、金魚が病気にかかりやすい環境というのは
多少なりとも理解できました。

第一の原因。それは「水槽が狭い」こと。
狭い中で飼っていると、金魚にもストレスがかかるし、
感染症にもなりやすいんだとか。

えぇ?、あんた達、素敵な水槽にお引っ越ししたばっかじゃん!
などと言ってはいられません。
とりあえず、薄い塩水を入れて応急処置し、
なんとか生き延びてくれるようにと祈りつつ、
翌日は朝からペットショップへ赴きました。
目的は、まず病気を治すためのお薬
そして、なるべく広くて安い(ココ大事)水槽です。

店員さんに事情を話し、まずお薬を選んでもらった後、
「水槽なんですけど・・・」と、おずおず訊ねる私。
金魚たちのサイズを手で「このくらい」と示すと
店員さんは
「う?ん、そりゃ狭いですねぇ」と言い、
「この幅45?サイズの水槽なら大丈夫でしょうか」という私の問いにも
「う?ん」と首を傾げます。

えー、でも45?サイズってずいぶん大きいのですよ。
それ以上大きいのは、もうカウンターには置けないし。
再び質問する私。

「あのう・・・水槽が大きくなると、
 水槽に合わせて金魚も大きくなるって言いますよね」

「ああ、その話はねぇ」
「あは、やっぱりうそですか?」
「いえ、本当です」

え?!!!!あれ以上?あれ以上デカくなるの、あの子達?

「だからですね」

と、店員さんは続けます。

「45?サイズのを買っていっても、また狭くなる可能性があります」
「う・・・それじゃ、この上の60?サイズを買っても、
 また狭くなっちゃうってことは・・・」

「いやぁ、さすがに。金魚の成長にも限界はありますよ」

そうか。限界はあるのね。
ならば仕方ない、と腹をくくった私は60?サイズのでか水槽と、
ライトと、水を濾過して酸素を送り込むポンプという
結構デラックスなセット(約7.000円ナリ)と、
水槽に敷く石と、お薬を代車に載せてもらい、
レジへと向かいました。
四尾320円で買った金魚に、なんて贅沢なお買い物。
おまけに、ちょっとお財布の中身が心配だったので

「カードでお願いしますね」

と言ったら、

「うちはカード使えないんですよ」

と言われました。
えー?キャッシュなの?
一匹何万円もする犬とかも売ってるのに、
みんなこれ現金で買うの?口に出せないAnnieの叫び。
なんとか支払い分はお財布にあったので、
ひと揃いを車に積んでお店へと急ぎます。

昨日と変わらない様子ではあったけれど、
とりあえず4匹ともご存命

「待ってて。今、おかーさんが助けてあげるから」

オイオイ。誰がおかーさんだ。
大の金魚好きなんかじゃないんでしょ。
自分にツッコミを入れながらポンプを組立て、水槽にセットして、
さて、このでかい水槽をどこに置くんだ、と悩んだ結果、
大事な大事なワインセラーの上を明け渡してあげることに。
そこから膨大な量の水をカルキ抜きして、
何往復もしながら水槽に運び、お薬を入れるまでに約二時間

いよいよ、金魚たちのお引っ越しです。

いつも水を換える時、網で別の水槽へ移してやろうとすると
大暴れする金魚たち。
ボロボロになりかけてるヒレを傷つけてしまわないように、
そぉっ・・・と網を入れ、

「おいで・・・入って・・・暴れないで・・・」

と一匹ずつ誘い込んでは大きい水槽へ。
病気で元気がなくなってるせいか、ほとんど暴れずに
みんなのお引っ越しが完了しました。
狭い水槽に住んでいた癖なのか、
広々とした空間をもてあまし気味に固まってる金魚たち。
でも、仕事はまだまだ残っています。
せっかく頂いた「アクアランド」水槽を
ちゃんとお返しするために掃除しなくては。
結局トータルで三時間かけて全ての作業は終了しました。
あとは、金魚たちが元気になってくれるのを祈るのみ。

そして、それから約10日。
金魚たちは元気に泳ぎ回っています!
溶けちゃったんじゃないか、と思ったヒレもピンと立って、
体に張っていた膜も、血が滲んだような筋も
今はもう消えています。
トマトの赤いしみは、まだ少し残ってるけど
でも、とりあえずみんなご無事。
良かったなぁ・・・。

あとは、もうあまり大きくならないでね、と
祈る今日この頃です。
















16 : 57 : 55 | ミルクだけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怒濤デイズ 再び
2006 / 10 / 08 ( Sun )
お歳暮シーズンの到来を前にして、
またまたやってきました怒濤デイズ

お歳暮コピーをひねり出しながら、
PCにしがみつく日々でございます。
高いなぁ、おせちセットとか。
すごい豪華版ですけど。
あぁ、もうおせち。そしてお歳暮
常に季節を先取りしてる広告のお仕事ですが、
なんかこの仕事するようになってから
月日の流れが倍速で過ぎていくような気がします。
そのうち巻き戻るんじゃないかと思う。
頑張ってる私に、誰かお歳暮を!
お洒落でセンスの良いお歳暮とかじゃなくていいです、
お米券とかで。ウーム、にじみ出る生活感。

まだ少々は出るものの、
ようやく風邪もおさまってきました。
昨夜は漫才営業第一弾を無事終了。
知り合いが一人はいるだろうな、と思っていたら
宴席に昔のお客様の姿が。
ふはは。お久しぶりです。こんな所からスミマセン
今夜は、秋祭りの“小池神社”で、
『天狗連イロモノ祭り』に出演してきます。
花火がドンドン上がってる神社で、
漫才に耳を傾ける人はハタシテ何人いるのでしょうか。

今日はこれから名古屋でレッスンして、
戻ったらお店の準備して、
漫才営業に行って、
お店に戻る・・・という、まあ、ハードな一日。
でも、怒濤デイズもこれでちょっと一段落かな?
まずは、お掃除したいです。

ここでも色々と報告したいことがあるんだけど、
とりあえず!頑張って今日を乗り切ります!!

07 : 49 : 24 | ミルクだけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お医者さんへ行きました
2006 / 10 / 03 ( Tue )
たぶん、いや、きっと
私がうつしたのであろう風邪のため
旦那さま高熱を発しました。

うつす。
風邪をうつす、の「うつす」は移すっていう字?
だとしたら、この風邪は移ったのではない。
広まっただけです。
だって、私の体からも出ていってくれないんだもん!

私の場合、熱こそ下がったもののが治まらず、
喉がカスカスになって昨夜は全然声が出なくなってしまい、
お客さんに

ケイウンスクみたい

と言われてしまいました。
ケイウンスク。変換しても出ないわな。
とってもハスキーな歌手の方ですよ。

これはもうお医者さんしかないべさ。
二人で納得しあって、近くの耳鼻科へ行きました。
今まで風邪なら内科だ、と思ってたんだけど
喉や鼻の症状がひどいなら耳鼻科へ行く方がいい、と
教えてもらったので。

耳鼻科は、混んでいます。
14:00から予約開始で、15:30から診察開始。
私達は15:45くらいに診てもらえることになりました。
駐車場が広い
子どもがいっぱい。
お年寄りもいっぱい。
椅子が空いてなかったので、
子どもが遊ぶためのおもちゃが用意されている
小上がり(っていうのかしら)に座って待っていると
名前を呼ばれました。

最初に旦那さま
熱が高いので、もしかしたら、と思っていたら
やっぱり扁桃腺に膿が溜まり始めていたようです。
前にも扁桃炎やっているから、
弱くなってるのかもしれません。
お薬の説明を受け、旦那さまは吸入器コーナーへ。

続いて私。

あなたはもう二週間も?

と訊かれたので、

私の方は、旦那さんにうつしちゃって
 もう治りかけだと思うんですが、
 咳が止まらなくて、オエッてなっちゃうんです


鼻の中にお薬をシュッシュ。
そして、内視鏡を鼻の穴に。

ああ、真っ赤に腫れてるね?。
 まだ痰が残ってて、それで咳が出ちゃうんだね


はい、そうなんです。
声もカスカスなんです。
おそるおそる、一番訊きたかったことを口にする私。

あのう・・・実は、今度の土日に営業が
営業?
あのう・・・こちらの病院にも広告を出して頂いている
 天狗連に所属していまして

あぁ?
で、今度の土日に漫才やらなきゃいけないんです
え???(笑)」

お医者さんも看護婦さんも、笑った。
たぶん、ワライゴトではないんだけれど、
漫才、というキーワードに笑っちゃったみたい。
笑わないでください。恥ずかしいから。

漫才やらなきゃいけないんだ。え?。今度の土日?

そりゃ大変だぞ、とまだ半笑いで
お医者さんは私の喉を覗き込みます。

今日は、火曜日か。水、木、金・・・

お医者さんは頭の中で計算し、

治しちゃおう。治しちゃおう

と、言ってくれました。
ありがとうございますっ。お願いしますっ。
カスカス声ではツッコめませんもの。

ちょっと強めの薬を出しておくから、
後は自分で注意して喉を乾燥させないように、と
言われ、私も吸入器のもとへ。
鼻からの吸入を終え、喉の吸入になると、
あぁ、やっぱりむせてしまいます。
コンコンコンコン、止まらないまま、
それでも根性で吸入器に向かっていると、
見かねた看護婦さんが

ちょっと外してていいですよ

と言ってくれましたが、
外してる間に吸入器が止まってしまいました。
未吸入。イイノカシラ

家へ帰ってからも、鼻の下をビタビタにしながら
吸入器を使っております。

早く治れ、風邪。そして声枯れ。

どうか今度の土日には、
スカッとツッコミが入れられますように・・・。
19 : 25 : 34 | ミルクだけ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。